Dメジャーはじめ有力馬達は「不安要素」満載!?そんな中「GIの隙間」を狙い金儲けを企む者アリ!

数ある噂の中に「お金になる」真実が埋もれている!!
女王が持つ人脈、綿密な取材が皆様に札束をお届けする!!

東京、京都開催が今週から始まりいよいよ「秋競馬」本番の雰囲気が両トレセンにも漂っている。先週のスプリンターズSから始まったGIシリーズの合間に行われるGIIは、東西ともに天皇賞(秋)へ向かう有力馬のステップレースである。
特に天皇賞の前哨戦として、毎年レベルの高いメンバーが集まる毎日王冠だが、事情通のサークル関係者が「天皇賞があくまで目標だから、調整不足のここは叩き台と割り切る陣営が多い。そのあたりの見極めが、特に今年はキーポイントになるでしょう」と語るように、ここへの本気度の高さの違いが重要になってくる。

まず注目されるのは、ダイワメジャー。
「今回のメンバーではウチの馬の実績は断然。けれども、今年はドバイに遠征し、その後に安田記念に優勝した時点で、疲れがピークに達していたのに、J○A側がオーナーサイドに『要請』したおかげで無理矢理出走させられ、体がガタガタになってしまった。そこから立て直すのに時間がかかってしまったよ。馬インフルエンザの影響もあったけど、元々帰厩が遅れるだろうと予測されていたほど。ここに来てようやく立ち直りつつあるけど、1週前の追い切りでは、まだ動きが本物ではなかった。あとは最終追い切りでどこまで動けるか、体がどこまで仕上がっているかにかかっているけど、賞金は十分足りてるし、当日の気配が今イチならテキも無理はさせないと思うよ」と某厩舎スタッフは話す。

京成杯AH2着のカンファーベスト。体調に関しては良さそうだ。
「夏場順調に使えた強みですかね、休み明けの馬よりも断然有利ですよ。普通の馬は、年をとるとズブくなってきて、距離も徐々に伸びていく馬が多いけど、この馬は年々適距離が短くなっていく。つまりズブくなるどころか、どんどん前に行きたがるようになっているということ。それが今回は200m距離が伸びる。そのあたりがどう出るかだね」と担当の厩務員は話す。好調子を持続してはいるが「ベストはマイル」とテキも話すように、1ハロン延長に不安があるのも確かだ。

関西馬では安田記念でダイワメジャーの2着となったコンゴウリキシオーが出走予定。
「はっきり言ってまだ重いんや」と陣営のトーンは低め。「もう2週はほしいよ。GIIの賞金は魅力だし、ここは勝っておきたかったんやけどね。多少太めでも、気持ちが乗ってくれば走ってくれるんやけど、今回は太めの上に気合い乗りがまるっきし足らん。最終追い切りでどこまで変わるかやけど、今回はどないかな」と陣営は最後まで控えめな話ぶりだった。

エプソムCに優勝したエイシンデピュティも、仕上がり途上のクチ。「エプソムCを勝った時は、レースが近づくにつれ馬の状態が上がっていくのが手に取るようにわかった。けれども、今回は良化度がかなりスロー。なかなかピリッとしてこんねえ」と厩舎関係者のは弱気。テキも「今回はエプソムCを勝った舞台だけに、状態させ戻れば…」と言っており、話を聞いた後にスタッフに対して入念な指示を出していた。

人気を集めそうな馬たちは、それぞれに不安要素を抱えていて、テンションの上がらない陣営が多い。
しかし中には「関係者や馬主が馬券勝負するために、あえて調子悪いようなブラフの情報を流している陣営もある」という情報を早くから入手しており、現在その裏づけ調査に奔走中だ。
また、まだ馬名は公にはできないが、意外な馬が優勝候補馬として浮上してきた。この情報は先週まで北海道にいた「北海道組」と呼ばれる関係者を通じ(夏の開催中ススキノのクラブなどで仕入れた情報は、毎年秋の初週開催でお金になる情報が多く、毎年私は大儲けをさせて貰っている)仕入れた話。かなり前からここに向け、陣営が力を入れてきており、状態も「勝ち負け」できるような仕上がりに向かっているとのこと。詳しい情報についてはもう仕入れ済みだが、「より確実」なものとするため、取材活動を続ける予定。

さまざまな噂が乱れ飛ぶ競馬界。「GIの隙間」であるからこそその隙を狙い金儲けを企む者もいる。数ある噂の中に「お金になる」真実が紛れている。それを確実に掴むことができるのは、私、女王だからこそ。現場の情報力と人脈、綿密な取材があるからこそ皆様に札束をお届けすることができるのです。

今週の毎日王冠も、勝ち馬投票券が札束に変わり、
驚愕の払い戻し金に痺れる週末をお約束いたします!!

URL :
TRACKBACK URL :

*
*
* (公開されません)