関係者が暴露!!メイショウサムソンの追い切りに疑問!?

「アンミツへの乗り替わり」が問題!?シャドウゲイトに不安有り!?
「精神的に追い詰められている」と関係者が豪語するコスモバルクは!?
人気馬3頭に危険情報が蔓延る天皇賞(春)前哨戦が札束に変わる!!
「超強気な穴馬2頭」の存在を知らずに獲れるほど簡単なレースではない。

新聞各紙がメイショウサムソンの追い切りを絶賛している。
確かに動きは良かった。タイムも出た。さすが2冠馬の貫禄といったところか。しかし「まだ体が絞れてこない。お腹にもかなり余裕がある。元々能力が高いから調教ではそこそこ走って見せるし、あれだけ時計が出れば惨敗するようなことはないかもしれないけれど…」とある関係者は言葉を濁す。そのあたりを突っ込むと「何度も言うようだけど昨年のダービーまでのローテーションがきつすぎる。いくらタフな馬でもビッグレースを何戦もしたら体への負担が違うよ。500万条件の馬が中一週のローテーションで使うのとはわけが違うもの。夏を越して秋、疲れが取り切れてなかった。三冠レースのうちで、菊花賞が一番向きそうな馬やのにあの負け方。あれは体の疲れが起因している。絞れないのも代謝が落ちているせいだと思うよ。」と、顔を曇らせた。
「それに精神的なものも大きい。ダービーで燃え尽きたって言うのかな。秋は覇気がなかったね。心と体は連動してるからね。追い切りで動いたのは少し前向きさが戻ってきたとも言えるけれど…」と最後までトーンは上がらなかった。

打って変わって関東ではシャドウゲイト陣営が強気だ。
しかし「あのテキは熱心だけどいつも強気。いつも自分の馬は勝てるくらいの自信を持っているね。うーん、その心意気は買うけれど全部が全部勝てるわけではないからね。」と苦笑いするのは某エージェント。
「シャドウゲイトも調子は決して悪くはないんだけど…。テキは地方ジョッキーを買ってるからアンミツさんに頼めて良かったと思っているみたいだけど、カッときやすいこの馬には勝春みたいに馬任せのタイプが合ってるんだよね。乗り替わりがどうかなあ。」とエージェントは疑問を呈していた。

栗東滞在の道営のコスモバルク。
「相変わらずイレ込み癖というか掛かり癖が抜けなくて。年を重ねるごとにひどくなる気がするんです。一度ゆっくり休養させてあげればリラックスすると思うんですけど、何せ数を使うことに意義を見出す馬主なんで。」と陣営と繋がりの深いある関係者。
「あの馬は精神的に追い詰められている。」とは、あるサークル内関係者も言っていることで「今回も折り合いを欠いて終わりじゃないですか。」と厳しい。

2冠馬メイショウサムソン、中山金杯1着、中山記念4着のシャドウゲイト、シンガポール国際空港インターナショナルカップ1着のコスモバルクの有力馬3頭に危険情報が蔓延る産経大阪杯。有力馬に不安要素が多い中「調子が上がってきたで。ジョッキーも今度はええ言うとるし。」とい関係者が虎視眈々と狙うアノ馬や、「平坦の方がいいイメージがあるやろけど阪神でも好走実績があるし鞍上との相性は抜群やと思うてる。あっ、もちろん調子も折り紙つきやで。」と語るコノ馬の陣営が超強気。この2頭を知らずに獲れる程簡単なレースではない。

現役ライターならではの情報力で
天皇賞(春)前哨戦も札束に変える!!
この週末もバラ色気分間違いなし!!

URL :
TRACKBACK URL :

*
*
* (公開されません)