競馬ファンに公開されない、ウラの常識

上っ面の情報で馬券を買うのはドブに金を捨てるのと同じこと。我々は競馬界の裏側に君臨し、信頼できる情報だけを見極め提供いたします。

【常識1】馬券勝負のために「勝てる仕上げ」にするのではなく「負ける仕上げ」をするのです。

未勝利戦の一着賞金は500万円。 5着ならたった50万円。 一つ上の500万クラスでも平場の1着は750万円5着で75万円、多頭数のレースが常識の下級条件クラス馬にとって入着を果たすのは大変です。 そこから馬主に8割、調教師1割、担当厩務員5分、ジョッキー5分が支払われるのがJRAの賞金支払い制度。 馬を持つダンナにとって、この賞金が高いか安いか?(未勝利戦、やっと5着で50万円) 馬を預かるテキにとって(やっと5着で5万円)担当厩務員やジョッキーにとって(やっと5着で2.5万円)………。 競馬サークルの中にも”勝ち組”と”負け組”はハッキリと分かれています。 ヘボ厩舎には絶対に良血馬(すなわち”高馬”)は入厩しませんし、三流ジョッキーに良血馬の騎乗依頼は絶対に舞い込んできません。三流馬主もサンデーの仔を買う経済力はありませんし、欠陥商品(脚が曲がった良血馬)か3流血統馬に夢を託すのです。 しかし馬のカイバ料はサンデーの仔であろうが3流血統馬であろうが月に65万は65万…。 隣の厩舎では「やれ天皇賞だダービーだ」資産数百億、数千億の大馬主達。 乗り入れる車はベンツにマイバッハ、良い女連れてキャッキャキャッキャ……。 競馬サークルの負け組にとって、卑屈になるなと言う方が無理というもの。 そこへ今週の条件戦。 強い馬達が勝ち抜けたおかげで我が愛馬にもダンゴがずらり、敵はどう見ても2〜3頭。 もしも勝ったら750万円。我が陣営に転がり込むも…。 もし勝っちゃったら昇給後の見通しが立たない…。 もし自分の馬が着外なら馬券は他の2〜3頭で鉄板。 BOX買いでも三点勝負。 平均配当は15倍…。 100万づつぶちこめば1500万の払い戻し。 収支1200万円の黒。 1着賞金より断然お得!! 200万づつぶっこ込めば…。300万なら……。 次走、まともに仕上げて頭にくれば1着賞金プラス凡走明けで人気落ちの高配当。馬券勝負でWチャンス!! こんな裏話腐る程あります。こんな連中腐る程います。

誰も話しかけない三流連中(厩舎、厩務員、ジョッキー、馬主)と常にお付き合いを欠かせない女性情報ルートが当社にはいます。(当社の社員ではありません) 一流には目もくれず、三流のみを徹底マーク。 夏はアイスキャンディーを買い込んで、冬はホッカイロ手配して差し出し。 「いつもお疲れ様」の女神の一言。 必ず笑顔は欠かせません。 …これが効くのです。一番効くのです。 世間話しも下況に入ると「○○ちゃん。イイ話し教えてあげよっか…誰にも言っちゃダメだよ…○○ちゃんもお小遣い稼ぎなよ…」 会員の皆様にそこで聞いた事情は教えられません。 大変な事になってしまいますから…。 でも何げなく教えてあげられます。 レースと買い目は教えられます。

中穴なのに鉄板情報。 当社だから転がり込む仕掛け。 他では絶対聞けない買い目。 その情報は明日かもしれませんよ。

競馬予想サイト口コミニュース

URL :
TRACKBACK URL :

*
*
* (公開されません)