注目集めるあの「三強」ですら「社○の手駒」!「商売人のソロバン」を弾き

皐月賞へ社○の吉○氏がアノ素質馬で「王手」を賭ける!
社○の「捨て駒」「死に駒」に騙される素人を尻目に
「一発100万円」の「荒稼ぎ」を成す!

注目を集めるロジユニヴァース、リーチザクラウン、アンライバルドの「三強」を含め、フィフスペトル、リクエストソングなど、現時点で出走可能なメンバーの内、8頭までもが社○グループの馬。アントニオバローズ、ナカヤマフェスタ、セイウンワンダーといった非社○の馬がいるとはいえ、例年同様に上位独占をできるレベルの「手駒」が今年の皐月賞でも揃った形だ。

当たり前のことだが、自分の息がかかっている「手駒」がそれだけ揃っていれば、総帥である吉○氏の「取捨選択」が隆起するのは自明の理。「王将=皐月賞制覇」を絶対獲るために「捨て駒」や「死に駒」を使うのは勝負の「鉄則」であり、これだけの手駒をクラシックへ揃えられた王者たるものの「特権」だ。当然そこには、ゆくゆく自分のところで種牡馬にした場合の「銭ゲバ」吉○氏の「商売人のソロバン」が弾かれているのが明白。さらに、その「見積もり」に対しての「先行投資」も例年同様に行われている状態だ。

当然女王は、吉○氏がどの馬を「選択」しているかを、社○グループ関係者やその他裏事情を知る関係者に対する数ヶ月前からの「綿密な裏取り」で既に掌握済み。さらにその選択さえ知れば「皐月賞で一発100万円」が可能なことも明確に見えている。「様々な背景」による、例年とは比べ物にならないほどの「社○グループの後ろ盾」が、アノ馬の勝利を「圧倒的な圧力」で後押し。皐月賞の全てを掌握する女王の実力にかかれば「圧巻の荒稼ぎ」をお届けできるのも明白。ここで女王に乗らないのは貴方の「今年一番」の過ち。「社○の闇」がもたらす皐月賞的中への「安心/確実」を得られるのは女王だけと自負致します。その全ては今週末に明らかとさせて頂くが、まずは皆様が気になるであろう、オッズの鍵を握る社○の「三強」の状態をお伝えさせて。

まず、向かうところ敵なしのロジユニヴァースから。
「この馬は、レース間隔が開いても、しっかり力を出せる。それは身体能力が高くないとできないことなんだ。これまで4戦4勝と狙ったレースをしっかり勝ってきているけど、普通レベルの強い馬ならどこかで取りこぼしても不思議はない。しかも、そのどれもが完勝の内容。かなり抜きに出ているといっていいよ。もう既に父親を超えたとまで言っていいかも知れないね。ちなみに、今回の弥生賞から皐月賞がこれまでで一番間隔が短いけど、一度山元トレセンにリフレッシュ放牧に出しているし、別に心配ないと陣営もこの馬に関しては自信を持っていた。一週前の追い切りもウッドで1頭前に馬を2馬身ほど前に置いて、それを追いかけるかたちの追い切りだったけど、直線ではしっかり前を行く馬を捕らえた。本当、唸るような動きし、陣営も満足げだったよ。あれを見せられると、ロジで仕方ないかなと思わざるを得ないね」と事情通の某記者。どれだけ抜きに出ていようが、吉○氏に選ばれなければ一着は無し。果たして、この馬が吉○氏の選択なのか。女王には筒抜けだ。

続いてロジユニヴァースと同じ、ネオユニヴァースを父に持つ良血アンライバルド。
「2戦目で3着に敗れた以外はすべて完勝。ちなみに、その3着に敗れた時と今とは完全に別馬。とりあえず、現時点でトップクラスなんは間違いあらへんよ。ただ、少しテンションが上がりやすいから、そのあたりが本番でどう出るか。前走はその対策として輸送慣れし帯同馬を連れていったんやけど、前走はそれが良かったのか、さほどテンションも上がらへんで済んだ。もちろん今回も帯同馬を連れていく予定。正直言うて、ロジよりも完成度の点では劣っているかもしれへんけど、ロジと比べて素質は互角以上。あとは岩田の乗り方一つ。ロジにひと泡吹かせてやりたいという気持ちで、仕上げていくわ」と陣営の一人。兄にフサイチコンコルドを持つ血統背景を種牡馬的価値として吉○氏はどう捉えているのか。女王にはムキ出しである。

きさらぎ賞を逃げ切ったリーチザクラウン陣営はやや弱気。
「きさらぎ賞以来になるんやけど、カリカリしやすい気性ということもあって、一戦ごとに体重が減る傾向にある。賞金は十分加算できたし、ここで無理をしたらこの先、どこかのレースで反動が出てまうから、思い切って放牧に出したんや。暮れのラジオNIKKEI賞では、ロジユニヴァースに完敗を喫しているけど、ガーッと行ってしまう幼い面をあまり見せせんようになったし、今年に入って、徐々にやけど成長していると思う。ともかく鞍上がユタカ。逃げ粘れるのか不安もあるが、ともかくどんな走りを見せてくれるかといったところやね。ロジよりも上だと評価する人も中にはおるわけやし、ここは思い切った競馬で一発を狙っていくわ」と関係者。ロジユニヴァースに実績面で劣るとはいえ、急成長著しいこの時期の牡馬。さらに吉○氏の選択もある。逆転の可能性があるのかは今後お伝えする。

上記「三強」以外の社○グループ馬、その他の出走馬の状態についても完全把握済み。果たして、吉○氏はどの馬を選択したのか。はたまた、非社○の中に2着へ突っ込める馬がいるのか。その全容は今週末に明らかとさせていただこう。社○グループの吉○氏の選択の恩恵で皐月賞は「一発100万可能」な圧倒的な稼ぎ場。「皐月賞は稼げない」とお思いの方は正に素人。ここで荒稼ぎしてこそ勝ち組の証。皐月賞は全て女王にお任せ下さい!

URL :
TRACKBACK URL :

*
*
* (公開されません)