実績馬Aキッスに不安アリ!?同じくFパンドラにも……!?

北の大地に火花散る熱き女の戦い
夏の牝馬重賞も女王にお任せ!!

早くから札幌に入厩して、クイーンS勝利へ執念を燃やしているのがアドマイヤキッスだ。
「陣営の意気込みは買いやし、調整に時間をかけているだけあって、状態は悪くはない。ただそれが結果に結びつくかというとねえ・・・」と某TMは疑問符。更に「馬体重の増減が激しいように、精神的にモロいところがあるのが肝心なところで勝てない要因。今回は滞在競馬ということで、そのあたりは多少解消されるだろうけど、今度は体重が増えすぎないようにするのに苦労しているみたいやで。滞在競馬は増えるのが当たり前言うても、重賞クラスになると、細かい調整ミスが命とりにつながるからな。」と不安要素を挙げる。
また「右回りでも、ある程度成績を残しているけれど、中京で2勝しているように、平坦の左回りがベスト。安田記念でも4着に来ているように、やはり左回りの適性が高い。2歳時に札幌で未勝利を勝っているけれど、あくまで未勝利戦だからね。ある程度の能力があれば勝てるから参考外。そのあたりがレースに行って、また今一歩足りないという結果になる可能性が大きいんじゃないの?」と他のTMからも情報が入ってきた。現状旗色は悪いようだ。

さてフ○○チのオーナーが「南北重賞制覇!」と張り切っている。フサイチパンドラには、もちろん勝利するよう指令が下っていることは間違いない。「目立つことが好きな人やからね。新聞社にも記事にしてくれるよう、懇意にしている記者に頼んでいるようやし。北九州記念の方のホクトセイは勝つのは難しいかもしれないから、週中の新聞で煽ってくれないか?などと言っているらしい。なので、新聞の記事は鵜呑みにしない方がいいよ。あれほどの大物オーナーの手前、持ち上げた記事を書く記者も多いだろうしね。それに、オーナーが張り切り過ぎる…特にアレほどの大物になると、スタッフにもプレッシャーがかかって良い結果に結びつかないことが多いんだよね。その辺りが今回もキーになるんじゃないかな。」と陣営とつながりの深い某記者。こちらも週中更に取材を進めて確実な情報を得る。

重賞勝ちのない実績馬、アサヒライジングが悲願の重賞制覇を狙っている。
「掴みどころのないタイプで、どの距離に適性があるのか陣営も迷いがあるようです。まあ表向きは1600m以上なら、どの距離でもこなせると自信を見せていますが、本音は今回も半身半疑のようですよ」と陣営と繋がりの深いエージェント。「この馬はわりと詰めて使った方がいい。牝馬には珍しく、精神的にも肉体的にもある程度プレッシャーがかかっていた方が走るタイプなんですよ。秋華賞の時は少し間隔が開いてましたが、あれはアメリカンオークスに遠征があって、輸送やら検疫やらで、この馬にとってはその間いろいろとプレッシャーがかかっていた。それがいい意味で緊張感が保てて良かったんだろうね。今回は調教でものすごくいい動きを見せているが、3ヶ月ぶりちょっとの休養のせいか、今いちピリっとしないって陣営もぼやいていたよ。」と某エージェント。こちらも不安要素アリだ。

その他2連覇狙うデアリングハート他、虎視眈々と夏の女王の座を狙う伏兵馬が多数・・・。そして一発を狙う最大の穴馬がいるという情報が手元に飛び込んできている。まだ公表できる段階にないので、次の展望か予想の段階でお知らせできるよう、各方面に取材し、裏付け調査に奔走する予定だ。
一見粒揃いのメンバーも、人気馬・実績馬に不安ばかりが残り、昨年のクラシック戦線を盛り上げた面々+古馬が参戦し、北の大地で火花を散らす!

そしてその面々に割って入る馬が難解な牝馬重賞という
パズルを紐解くキーになるのは間違いない。
そのキーになる牝馬を女王ならでは情報力で斬る!!

URL :
TRACKBACK URL :

*
*
* (公開されません)