ローズキングダムが「ある理由」で回避から、一転して出走することとなり、二強決着が実現する

こととなった今年の皐月賞。しかし、ここは「二強決着となる事はなし」。また社○側が「ある馬を勝たせたい」場所でもあるのが真実だ。ローズキングダムが出走を決めた「ある理由」や、「二強決着は無し」と断言できる訳はログイン後に語るとして、とりあえずここでは有力各馬の状態をお伝えしよう。

まずは弥生賞で圧倒的な強さを見せたヴィクトワールピサから。
「厩舎の看板馬・ウオッカが引退して、この馬が次の看板候補となるわけやけど、素質だけならその可能性は十分やね。ただ、ウオッカは牡馬を凌ぐ牝馬という魅力があったけど、ヴィクトワールの場合はこのままでいったら、普通に強い牡馬というだけで終わってしまう。ウオッカ以上の存在感を示すためには、三冠馬という称号がほしいというのが陣営の本音やろうな。そやから、ここは絶対に負けられない一戦という話や。それもあって、無難に乗ってくるユタカ(武豊騎手)を鞍上に持ってきたんやけど、ユタカがまさかの骨折。岩田があいていて、岩田になったんやけど、彼は感性で乗るタイプ。うまいけど波があるからね。3冠すべてのレースで卒なく乗る保証があらへん。陣営が心配しているのは正にそこ。皐月賞で、調子の波が最低になったら目も当てられへん。仕上がりに関しては一週前追い切りを見ても、万全の態勢やけど、あとは乗り役次第と言ったところみたいやね」と裏事情に詳しい某記者。

次に2歳チャンピオン・ローズキングダム。
「3戦3勝と無敗で朝日杯FSを制し、無敗で2歳チャンプの座についたけど、小柄なせいもあってスケールの小ささが以前から指摘されてるな。それだけに、朝日杯後、ひと息入れてどれだけ成長してくるかが注目されていたんやけど、スプリングSではほとんど馬体に成長が見られへんまま。叩き台にしても、相変わらず見栄えがせえへんかった。あの馬体を見て、失望した関係者も多かったみたいやね。それを反映するかのように、レースで3着に敗れ、一時はテキが皐月賞は回避するとまで発言したほど。まあ小柄なこの馬には、春時期のパワーを必要とする中山の荒れ馬場が不向きと読んだんやろね。で、なんだかんだでここへ出走することになった訳やけど、不向きなんは間違いあらへん。ここへ出走したのが吉と出るか、凶と出るか。スケールの大きいヴィクトワールピサとは闘う前から既に決着がついているみたいな言い方もされとるし、勝ち目がないいう見解も関係者間では出てとるわ」と事情通の某TM。

関東馬の中で期待されるのはスプリングS覇者アリゼオ。
「東高西低だったかつては、関西で強いと言われた馬は『西の秘密兵器』と呼ばれたものだけど、今は『東の秘密兵器』だもんね。アリゼオがまあ東の秘密兵器っていうとこだけど、層の厚い関西勢に比べれば、まとまりはあるけど小粒な印象。まあこれまでのレース振りを見ても、大崩れすることはないだろうけど、勝ち負けまではきついんじゃないかなあ。前走後はまずまず順調に来ているし、1週前は終いの時計を要して、若干重たい感じはあったけど、最終追いでスッキリするとは思う。たださっきも言ったように、万全に仕上げてもどこまで・・・というのが正直な感想だね」と情報通の某記者。

最後にそのアリゼオを共同通信杯で下したハンソデバンド。
「今回共同通信杯以来の競馬になるけど、前走で2着に下したダノンシャンティが毎日杯、3着のアリゼオがスプリングS勝利しているように、この馬の実力は相当なモノ。本番でもかなり楽しみなんだ。最近の共同通信杯の勝ち馬は最近あんまり大成しないけど、この馬で打破するつもり。本番へ向けて順調そのものだし、ジュニアCで中山コースを克服しているのもいい。二強で世間は盛り上がっているけど、人気で競馬は勝てるもんじゃない。関東馬の意地をみせたいところだね」と陣営の一人。

当然上記以外にも、出走予定馬全頭についての情報は手の内。あとは最終追い切りを待つばかりとなった次第だ。週中も更なる情報を求め、東奔西走する所存だ。

URL :
TRACKBACK URL :

*
*
* (公開されません)