サンツェッペリンの調整が難航!?笑みを溢すフライングアップル陣営の本音は!?

波乱を演出する人気薄の札束馬が権利獲りに目イチ仕上げ!!
今週もサークル内極秘情報で万馬券鷲掴み!!

京成杯勝ちのサンツェッペリンだが、弥生賞を回避したように陣営の思い通りに調整が進んでいない。1週前の追い切りの動きもピリッとせず、現段階では馬体も少し太め。陣営も頭を抱えているという。
ただ今回は有力な逃げ馬がいない為、状態が仕上がれば楽に逃げられる可能性が高い。週中更に情報収集に努める。

関西馬フェラーリピサが新馬戦以来の芝コースへ出走。
陣営は表向きは「強い馬は芝でもよう走る。アグネスデジタルやメイショウボーラーがいい例や。この馬ならそれを超えられると思っとるくらいや。」と自信満々だが、実際はこの時期に3歳馬のダート重賞がない事もここへの出走に影響しているとの事。
勿論新馬戦を勝ってるだけに、ここでも好走する可能性は高いが、「前走(ヒヤシンスS)は確かに強かった。けれどもあの体型、走法ははまさしくダート馬。同馬主のピサノデイラニが芝の京成杯でしんがり負けをしているけれどあの二の舞の可能性大だよ。」とあるエージェントは不安要素を口にする。
前走、前々走とダートながらも2着馬に0.7秒差の圧勝劇を繰り広げた同馬だが、現時点では不安材料の方が大きい。

そんな中、堅実が取り柄のフライングアップルが1週前追い切りで豪快な動きを見せた。「抜けた馬がいないこのメンバーなら重賞初制覇も見えるね。」と関係者の一人はほくそ笑む。また、今回は横山(典)騎手が手綱を握る事になる。追い切りにも参加し「この時期の3歳馬にしてはしっかり仕上がっているね。」とコメントしたが、ここまではマスコミでも公表されている話。週中更に本音を聞きだす。

そして皐月賞の出走権利を何としても獲りたい新興勢力の馬たちの関係者情報も多数入手済み。
抽選を潜り抜けて出走にこぎつけた馬が波乱の立役者になる可能性大だ。
この週末も、サークル内の極秘情報で万馬券ゲットをお約束!

URL :
TRACKBACK URL :

*
*
* (公開されません)