クラシックを賑わす馬が今年も「潜伏中」!さらに「J○Aの思惑」も絡みまさに大混戦!

当然ここでも女王の業界屈指の「情報力」が炸裂!
きさらぎ賞の全てを知りたい方はお見逃しなく!

昨年がリーチザクラウン(ダービー2着)、一昨年がスマイルジャック(ダービー2着)、3年前がアサクサキングス(菊花賞、ダービー2着)など、共同通信杯とは違い、こちらはクラシックを賑わす有力馬、素質馬が集結するレース。最初の本番まで2ヶ月程度と、ローテーション的に絶好であるし、芝1800mという距離もクラシックを狙う馬にとって許容範囲内。そして、一番ここを使いたいと思わせる理由が、関西の有力馬が集まってくる点だ。アーリントンC、毎日杯はあるにせよ、関西に皐月賞へ向けてのいいステップがないのは事実。そこで、有力各馬がローテーション、距離が絶好なココを使うのは当然だろう。関東馬にとっても、この相手関係とローテーションは魅力。東西の馬の力量を計りたい陣営にとって、格好の試金石という立ち位置なのである。
当然、今年もそんなクラシックを賑わす馬が存在する。女王ウオッカがドバイのレースを最後に引退が決まっており、スターホースが不在となるのは目前で、J○Aが新たなスターホースを祭り上げるために、きさらぎ賞である馬の擁立までも予定しているのが筒抜けだ。それが果たしてうまくいくのかどうか。そしてJ○Aの目論み通り、その馬がここでスターホースとなる資格を得られるのか。女王は既にその馬名を手に入れている。そして現在、その裏づけ調査に奔走中である。さらに妙味ある配当を演出する伏兵馬についても、最新情報を入手した。その裏づけもこれから時間をかけて行う予定だ。それらは週末の予想で明らかにするとして、ここでは出走を予定する有力馬の1週前追い切りを終えた段階での状況をお伝えしよう。
※展望の続きを読むには、毎週【無料厳選買い目が3〜4鞍】見れる【無料登録】へ!

注目記事【殿堂入り】

競馬予想サイト口コミニュース

この記事のトラックバックURL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*