『アノ5頭以外の馬券は必要無し』思惑満載の重賞「札幌記念(G1)」!

女王ご当地情報で「獲ったも同然」の
銀行レースで『札束』を掴み獲れ!!

女王のご当地、札幌戦は独自の情報網で、極秘情報も筒抜け状態・・・。馬券に絡むのはほぼ5頭に絞られている。

アドマイヤフジ陣営が函館記念からの巻き返しを狙っている。
「やっぱり小回りが合わんかったな。元々、狙いはこっち(札幌記念)やから、まあ4着なら上々やな。それに仕上がり上々なんて、オーナーサイドの手前マスコミにはフイてたけど、札幌記念に照準を合わせてるから、どうしても余裕持っての調整。それに宝塚記念の疲れが抜けるのも時間かかったしな。そりゃそうよ、G1レースというのは想像できんくらい過酷。その上、湿度が高かったし、かなり馬場も悪かったから、馬のダメージが大きかったんや。うん、今回はええよ。1週前の追い切り見た?シャープな伸び脚だったやろ?それに札幌の方がコーナーが緩いから、楽にこなせると思うわ。前走のようなことはないと思っとるし今回は良い状態でレースに臨めるね。」と関係者の一人は、前走とは打って変わって明るい表情を見せていた。

春の天皇賞以来となるマツリダゴッホも好仕上がり。
「やっぱり3200mは長いよね。この馬は首も高いし、2000m前後が一番合っている。馬主サイドの要望もあったから仕方ないけど、春の天皇賞は使いたくなかったんだ。それに春はかなりテンションも上がっていたから、放牧に出して、そのおかげで精神的にもすっかり落ち着いた。今のところ、この馬にしては凄く落ち着いているよ。1週前はアンカツさんが乗ってくれたけど、かなり手応えを掴んでくれたみたい。鉄砲には実績があるし、かなりやれると思っているよ。」と陣営は自信を覗かせる。

函館の漁火Sを勝ったサイレントプライドが2連勝を狙っている。
「ノリさんが、マツリダからこっちに乗り換えたということで、勝算ありなんじゃないかと言われているよね。マツリダも確かに能力があるんだけど、首が高い走りから、どうもG1には足りない器と思っているのは確かみたいだね。その点、サイレントプライドの方がまだ底を見せていないし、キャリアも浅くて、これからもっと成長すると踏んでいるらしい。ともかく秋に大きいところを狙うためにも、先につながる競馬を・・・と意気込んでいるっていう話だよ。」と某エージェント。

函館記念3着のサクラメガワンダー陣営も虎視眈々。
「できれば勝ちたかったけどなあ。調教では動いたけど、やはり中身がまだともなってなかったということやな。その証拠に、函館記念後、馬体も目に見えて締まってきて、フットワークにも切れが増したな。1週前は馬なりでさっと流した程度だけど、余力十分で走る気力が伝わってくる動きやった。うまく内目の枠を引いて、最後までいい位置で脚をためるような競馬ができれば、アッサリがあってもおかしくは無いよ。」と関係者の一人。

その他、衝撃の伏兵馬情報も手元にあるが、まだ公表できる段階にはないので、週中、裏づけ調査に奔走する。また上記の馬すべて、良い情報が伝わってきているが、この中で消える馬がいる可能性も大いにあることもお伝えしておく。既に5頭に絞られてはいるものの、確実を期して、さらに情報収集につとめる所存だ。
「抜けた馬不在」で只でさえ混戦模様の様相を呈しているが、『サマー2000Sのポイント狙い』『夏競馬で最大の賞金』『狙いは秋でココは回るだけ』等、各陣営の様々な思惑が更に難解にしている。普通なら怖くて手が出せない重賞だが、何と言っても、北海道は女王の地元!既に多岐に渡る人脈をフルに使い各陣営の思惑は女王には筒抜けで『アノ5頭以外の馬券は必要無し』!

陣営の思惑を知れば「獲ったも同然」の銀行Rで
『札束』を掴み獲れ!

URL :
TRACKBACK URL :

*
*
* (公開されません)