「ユタカの電撃参戦」の裏側を完全暴露!週中を迎えても今年も「茶番」の結末がムキ出し!

マスコミに軽視されるアノ馬の一着もマル見え!
「札束の上積み」を果たす準備は万端です!

当レースが、現時点で完成度がずば抜けて高い早熟馬の独壇場で、「茶番」の結末がムキ出しであることは皆様もご存知の通り。そして、週中に出走各馬を調査した結果、今年もその傾向通りの結末がマル見えだ。馬体重が急激に増加するなど、短期間に成長を示して変化する可能性も高い2歳馬だけに、最後の最後まで取材は継続するが、勝ち馬は既に女王に明白である。しかも、その馬がマスコミに軽視されている幸運。皆様は今週末ごゆるりと当たる札束レースを堪能するのみである。とりあえず、有力各馬の週中の動向をお伝えしよう。

まずはシェーンヴァルト。
「1週前に3頭併せでビシッと追われとったから、最終追い切りは流す程度やったけど、陣営は完璧って豪語しとったね。乗り役(北村友騎手)もかなりの手応えを掴んでいたようで、乗り役の口も滑らかやったな。ここは勝ち負けできるレベルにあるはずやで」と裏事情に詳しい某記者。
しかし某サークル内関係者は「夏の函館でデビューできた言うことは、間違いなく早い段階である程度体ができていたという証拠。しかも、前走が能力のピークやったかもしれへん。あれだけのパフォーマンスができるんは、あそこがピークやないとできへんからな。超早熟っていう感じやね。まあ、それでも能力は他の馬に引けはとらへんし、走れる態勢も整っとる。ここで好走できるかは、他の馬の成長力、どれだけ能力を保ってられるか次第やね」と厳しい意見。1分33秒3で豪快に差し切った前走は2歳馬として破格。ただ、同時にサークル内関係者が言うように、あの時点でピークを迎えたと言って問題なく、現在下り坂の可能性も捨てきれない。ここへどれほどの能力、デキで出走できるのか。この馬が馬券に必要なのかは既に掌握済み。今週末に明らかとさせて頂く。

続いて1週前の段階ではやや太めだったセイウンワンダー。
「東スポ杯を使えていれば、ここはもっと自信を持って臨めたんやけど・・・」と最終追い切りで抜群の動きを見せながらも、関係者は心配顔。「放牧先で発症した左前脚の蹄球炎のせいで、トレセンへの帰厩が遅れたから、使えなかったのは仕方ないんやけど、いくら能力が高くてもぶっつけはさすがに不利やわ」とさらに弱気。「まあ今のところ脚元は大丈夫やけど、若くてまだ固まってないから、無理すると再発する可能性も十分ある。それに性格的なもので、モッサリしたところがあって、ゲートが遅い。いくら練習でうまくいっても、本番でそれができる保証はあらへんしね。レースが久々やから余計出遅れが心配やわ」と不安材料が次々と出てくる。しかし最後に「ただこの馬の能力はここを勝てるレベルにあるんは確か。あとは岩田に託すだけや」と強気に締めくくった。デビューから全て出走メンバー中最速の上がりを叩きだしているように切れ味抜群。現時点での能力も推して知るべしといったところだろう。ただ、この馬が馬券に絡むかどうかはそれと別次元。当然取捨は決定済みである。

続いて、関東馬。
まずは京王杯2歳S勝利をフロック視されるゲットフルマークス。
「京王杯2歳Sを勝ったのはフロックという関係者がほとんどだよ」と某関係者。「ポリトラックで追われた最終調教はなかなかの動きだったけど、能力が足りないんだからデキうんぬんは関係ない話。陣営も裏では自信がないって嘆いていたよ」とその関係者は続けた。ただ裏事情を知る関係者は「実は自信があるのに、自信ないフリをして、ここでも大儲けしようと陣営が企んでいるって話。そもそも、重賞を勝つにはそれなりの性能がなければ勝てないからね。混戦で他の馬が牽制しあって、ここでこの馬がもう一度世間をアッと言わせて不思議はないよ」と語ってくれた。女王はこの馬の本気度を把握済み。再度の逃亡劇がここでも叶うのかも見えている。

函館2歳S勝ちのフィフスペトルは、三浦皇成からルメールへとスイッチされるた。
「タイムは大したことなかったけど、これはいつものこと。陣営が軽めの調教で仕上げる方針をとっているからね。それよりも話題なのがルメールが美浦トレセンのスタンドに姿を現したってこと。かなりのやる気が伝わってくるね。馬もそれに応えて、軽快なフットワーク。ただ、関係者の間では馬券にはイラナイって噂。能力は全く足りてないって話だよ。まあGIの舞台でどこまでやれるか見物だね」と某ベテラン記者。今年最初の重賞を勝った早熟性がここでも通用するのか。関係者の話の真偽も含め女王には筒抜けだ。

さらにユタカ騎乗で話題を呼んでいるブレイクランアウト。
「当初は伸二(藤田騎手)が乗りたいと自らオファーしてきた。そのために、日曜日は中山と早くからスケジュールを組んで、やり手エージェントに騎乗馬を集めさせていたほどだったんだよ。その裏には、ユタカは有馬記念から復帰してくるものと誰もが思っていたから起きた混乱。伸二が乗りたいと言っているのは百も承知で、ユタカは平然と自らが乗るという形に持っていくあたり、非情な勝負師だよね。ただユタカが乗りたいと主張した馬だからと言って、飛び抜けて能力が高いわけではない。次週に向けてのウォーミングアップをしたいという魂胆があるのはみえみえ。それにこの週は朝日杯の1鞍だけというのも、まだ腕が完全ではない証拠だしね」と裏事情に詳しい某TM。
また「水曜日は、ユタカがブレイクランアウトの調教に乗りに美浦に来るという情報が流れた。記者の一部は、いつ来るかいつ来るかと目をこらしていたほど。けれども結局現れず、皆肩すかしを食った形になった。結局、調教に復帰したのは木曜日に栗東だったんだけどね。なぜそんな噂が流れたのかも不思議だけど、調教に乗りに来ないあたりにも、この馬にはさして期待していないという気持ちが現れているんじゃないかな」と別の裏事情に詳しい某記者は言う。さて、本当にこの馬は期待できない馬なのか。そのあたりも女王は既に掴んでいる。

来年の展望を見据えた馬、ここを是が非でも獲りたい馬など、上記以外の馬に関する情報も既に裏づけ取材を終了。あとは今週末に札束の上積みを果たす買い目をご提供するのみである。ただ、馬は生き物。直前まで何が起こるかわからない。的中を確実とするため最後の最後まで決して気は抜かず、調査を続ける所存だ。

URL :
TRACKBACK URL :

*
*
* (公開されません)