「フサイチVSア○○イヤ」が「再来」はホント!?「波乱の鍵」を握る札束馬を見極めろ!!

札束の集中豪雨を浴びる最高の週末まで後数日!!
大きく期待し「存分に」お楽しみ下さい。

フサイチリシャールが実績ではNo1なのは誰もが認める所。しかし、エプソムCに出走予定のマイネルレコルト同様、この馬も使えるレースには使って来ると言う実績馬にしては大事にされていない馬の一頭。「1400mでも引っ掛かるから1200mは合っている…。ただ一見納得いく感じはするけど1200mの流れはまた違う。しかも58キロのハンデ。このメンバーの中では能力も上位だが、どうしてここでこのレースを使う必要があるのか…。理解しかねるね。」とある関係者は首をひねる。
「オーナーサイドは一見お金が有りそうだけど、以前も事業が危なくなって馬代が払えない事があった。そんな時にアメリカのケンタッキーダービーを勝ったフサイチペガサスが高額で種馬として売れ、それで助かったという逸話もある程。それ以来、困ったら馬で稼ぐがこのオーナーの特徴。今回もお金が必要になったから出走したんじゃないかって情報が流れているよ。」とは某エージェント。更に週中情報収集に努め、取捨を決定する。

今年は厩務員の給与カットに口出しをしてかなりサークル内に反感を買ったア○○イヤ。皐月賞は夫人の持ち馬が勝ったわけだが、厩務員の表彰台には近○利○氏が乗った事からも「厩務員ふぜいに表彰台はもったいない。馬の世話をする人間など下等な存在。」的な考え方が顕著に表れており、更にサークル内からブーイングが上がっている。 ただ、馬自体は順調。当レースに出走予定のアドマイヤホクトは週始めからお伝えの通りオーナーサイドの「何でもええから勝て」激が効きかなり気合が入ったデキに仕上がっている。ただ、今回は主戦で前走を休み明けながら1着に導いた横山(典)騎手では無く、岩田騎手に手が変わるが、その理由は「岩田が空いてるから岩田に頼んだだけや。ジョッキーが上手いに越した事ないやろ。」と、正に横暴。まああれだけ期待をかけていたアドマイヤオーラが皐月賞、ダービーとクラシック戦線で敗戦、アドマイヤメインもOP特別でアッサリ負け、安田記念に掛けたアドマイヤキッスも安田記念で4着と負け、機嫌が悪くなるのも分からないでは無いが…。関係者曰く「ここ最近のオーナーサイドの機嫌は最悪。常にピリピリしてるよ。」と言う事だ。ただ、そんな横暴さが功を奏し?上でも述べたように陣営の気合が入った仕上げで十分走れるデキに仕上がっている。こちらも週末まで気を抜かず情報収集を続ける必要が有る。

「オーナーサイドの本気度」と言う点では何としても資金が欲しいフサイチ対何としても勝ち星が欲しいア○○イヤという図式が一見、見えそうだが、この時期だけにセレクトセール絡み、ススキノ絡みと様々な思惑が蔓延るのは当然。他のオーナーサイド、陣営の本気度等、まだまだ情報収集は怠れないし、「波乱の鍵」を握るであろう伏兵馬情報も続々入手している。

「左回りはとにかく走ります。器用なところもあるので小回りの中京も大丈夫でしょう。前走?中身がパンとしていなかった。叩き台にするつもりはなかったんだけど、結果を見ると結局このレースへのステップみたいになっちゃったね。おかげで状態もかなり上がってるよ。」とアノ馬の陣営が強気。

関西では「今回は僚馬カワカミプリンセスがいないから遠慮なくレースができる。カワカミがいると勝てるレースも勝てないからね。今回はアグネスラズベリも伸び伸びと自分のレースが出来るんじゃない?」とあるベテランTM。

その他、暑くなると走るアノ馬や一発を狙う新興勢力等、馬券に直結しそうな内部情報が続々入って来ている。今後はギリギリまで馬券に確実に繋がる馬を選ぶべく裏付け調査に奔走する。エプソムCの展望でも書いたが、今週は陣営の本音と建前が競馬ファンを翻弄し、オッズを割る想像以上の高配当週。しかし、日頃から情報収集を行い、関係者との繋がりを常に堅固にしている女王の情報力があれば的中は至極当然。「夏競馬の資金稼ぎは今週」を合言葉にしている業界人が「素人ファンが外した分だけ儲ける」現実が今週末の競馬の正体。「弱肉強食」の競馬界で貴方が喰う側に回るか、喰われる側に回るかを決断する時は「今」です

ゴール板の前で、札束の豪雨に見舞われる
最高の週末を存分にお楽しみ下さい。

URL :
TRACKBACK URL :

*
*
* (公開されません)