「ウオッカ絶対」に苦言を呈する関係者の本音を暴露!!

ダイワ・マーチャンの「打倒ウオッカ」への本音は!?
3強崩しの筆頭と謳われるイクスキューズ熱発の影響は!?
牝馬クラシック桜花賞は女王が全力を掛けて札束乱れ咲きへと導きます!!

ウオッカ、ダイワスカーレット、アストンマーチャンの3強なのか!?ウオッカの1強なのか!?絶対がないのが競馬。絶対に近い本命と言われるウオッカに死角は!?
固く収まりそうな桜花賞だが、何と言っても走るのは心身ともに不安定な3歳牝馬。そして馬をやる者なら誰もが知っているこの時期ならではの波乱。今年の桜花賞の結末ははたして…。

「3強ではなく1強でしょ?」ウオッカについてある競馬関係者は言い切った。
「ダイワスカーレットとアストンマーチャンが4着以下に敗れる可能性は全然あるけど、ウオッカは勝ちが確定しているようなもの。」と自信満々。確かにこれまでのレース振り、そして馬っぷりを見ても、この馬の右に出るものはいないと言うのが順当な予想だ。
しかし、不安要素は無きにしもあらず…というサークル内関係者もいる。「1番強いのはこの馬。それは間違いない。皐月賞に出しても勝ち負けするやろ。ただテンションが上がり過ぎていなければ…の条件つきやけど。」とその関係者。「前走もかなりテンションが上がっていた。それでダイワを頭にして馬券を買ったという記者も多かった。だけどまあダイワの余裕残しが予想以上に響いてなんとか勝ったけどね。桜花賞ではダイワも勿論本番の仕上げでくる筈。前走くらいのテンション迄なら何とかしのげるかもしれないけど、あれより上がるようだともしかして…という事もある。余裕を持って勝っているように見えるけど、やはり牝馬だしレースを使うたびにイライラして来ているのは否めないよ。」との事だ。また「桜花賞は全力じゃなくても勝てるからダービーへ出走!!とテキは超強気!!」とマスコミが騒ぎ立てているが、実際は「まあ状態が良くて、皐月賞で牡馬陣がどんな競馬をするかを見てから決めようと思っとる。でも最大目標は桜花賞。余裕残しの仕上げで勝てる程、桜花賞のメンバーは弱くないよ。」とこの記事に怒りを露にしている。キッチリ仕上げてくるのは間違いないだろうが、上にも述べたようにまだ心身ともに不安定な3歳牝馬。ウオッカが絶対の本命になるのかどうか…この中間さらに情報収集に専念する。

ウオッカをどうしても負かしたいダイワスカーレットについてある関係者からこんな情報を得た。
「普通に走ったらウオッカには勝てないと陣営はハッキリ認識した。確かに大目標はあくまで桜花賞だから、オーナーサイドからも余裕残しの仕上げで…という指示はあった。それでもあの負け方を見るとね、敵わないなあと思うのが普通でしょ。血統的にはオークスも大丈夫だろうけど、オーナーの桜花賞への思い入れが強くてそれを汲む形で厩舎サイドも最善を尽くしている。だから桜花賞を目イチで仕上げてくるという話だよ。そしてアンカツもウオッカを負かすための秘策を練っているというし、馬券を買う上で陣営がこれで負けたら仕方がないくらいの意気込みで勝ちに来ているということは覚えておいた方がいい。」

そしてフィリーズレビュー快勝のアストンマーチャン。
「ダイワよりウオッカを脅かすのはこの馬」と騎手上がりのある関係者が言う。ここへ来てのこの馬の充実ぶりはすごい。「この間のレースもめちゃくちゃ強かった。1600mに距離が伸びてあのレースが出来るかって?1600迄なら問題ないね。もし桜花賞で何に乗りたいかって聞かれたら、俺はウオッカよりこの馬を選ぶね。」とベタ褒め。そして「それに最近ようやくユタカ(武豊)さんもエンジンがかかってきた。ウオッカの強さを認めてはいるけど、負けず嫌いのあの人がアッサリ引き下がる筈が有りませんよ。」と締めた。怖いのはこの馬か!?

今の段階では3頭とも消す程の不安要素は見当たらない。しかし世間の目がこの3頭に集中しているだけに、この一角でも崩れれば予想以上に美味しい馬券を手に出来る可能性もある。果たして3強の一角を崩す馬はいるのか!?

能力面、実績面から見てその筆頭と謳われるのがフラワーCを熱発で回避したイクスキューズ。
「普通なら熱発明けは消しが常識です。ただマ○○ルの息が掛かっているだけあって、藤澤厩舎にしては使われ過ぎだった。だからかえってこの回避が馬のいい息抜きになったみたいですよ。」という情報も有り、闇雲に消せばいいと言う物でも無さそうだ。こちらも週中、更に情報収集に努める。

そしてその他の関西馬、関東馬の中にもマスコミの目の届かない所で虎視眈々と上位を狙っている馬達がいる。それらの馬が本当に3強に割って入ることが出来るのかを、週中自らの足で、そして各方面からの入手した信頼おける情報を元に最終的な決断を下す。

牝馬クラシック第1弾「桜花賞」。
現役ならではの「生きた情報」で貴方の懐に札束の華を咲かせます。

URL :
TRACKBACK URL :

*
*
* (公開されません)